風俗嬢は健康保険、年金などの社会保険に加入してる?

風俗嬢のための風俗講座
風俗店で働いたら、
年金や健康保険などどうしてる?

日本には健康保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険といった

社会保険制度がある。

 

どこかで雇われた場合、通常は源泉徴収といって、

本来の給与から税金と社会保険料を引いた分を受け取っている。

いわゆる「手取り」というやつ。

 

しかし、風俗店では日当として給与が支払われる事が多く、

またソープランドではお客から直接お金を受け取るので、

源泉徴収されていないケースがほとんどでしょう。

 

社会保険料は支払わなくても大丈夫?

008小サイズ

 

健康保険(医療保険)

病院で診療を受けた際に、自己負担が少なくて済む制度。

医療費の7割は健康保険から支払われるので、残りの3割を自分で支払えば良い。

健康保険に入っていないと、どこが具合が悪くなって病院に行ったら、

とんでもない高額な費用を払う事になりかねない。

 

保険に入っていれば3割負担なのが、入っていないと全額払わなければいけなくなるので、

3倍以上の金額を支払うことになる。

単純に言えば、3,000円で済むはずが10,000円払うことになるってこと。

 

さらに、保険に入っていれば月に一定額以上になったら超えた分が後から戻ってくるけど、

保険に入っていなければ上限無く自分で払わなければならない。

 

源泉徴収されていない場合は、必ず国民健康保険に入ろう。

自分の住んでる市町村の役場に行けば、簡単に入れるよ。

保険料は地域や所得で変わるみたいだけど、あまり安い額ではない。

 

年金保険

高齢者になった時に、毎月決まった額(年金)を受け取る制度。

日本の年金制度はいつか崩壊すると言われる事も多いけど、

高齢になって全く収入が無くなり、助けてくれる身内もいなかったら・・・。

 

年金は合計で25年以上支払わないと、受け取る資格を得られない。

源泉徴収されていない人は、自分の住んでる市町村の役場に行けば、

国民年金に入る事が出来る。

 

介護保険

40歳以上の人が対象。

介護が必要な人に保険金が支払われる制度。

 

雇用保険、労災保険

雇用保険は無職になった時に保険金を受け取れる制度、

労災保険は労働中に怪我した時などに保険金を受け取れる制度で、

どこかに雇われている場合に加入する。

 

源泉徴収されていない風俗嬢は、おそらく個人事業主の扱いになると思うので、

おそらく加入できないでしょう。

 

 

俺も専門家ではないので、詳しくは市町村の役場で確認してみて。