えっ、こんな事で?!客の心を掴む人気風俗嬢の7つの基本接客術

客から見た人気風俗嬢の接客術
まずは人気を得るための基礎編

風俗で働くと、人気の有無が収入に大きく影響する。

お客の立場から見た、実際に会った人気風俗嬢の接客術をいくつか挙げてみるね。

参考にすれば、あなたも人気風俗嬢にきっとなれる!

 

笑顔で接する

なんといってもこれが一番!!

昔から「女は愛嬌」と言うけど、

男は女の子の笑顔でとても癒されるものだから。

実際、人気風俗嬢は笑顔を絶やさない子が多いよ。

027小サイズ

 

サービスで手を抜かない

これもプロとしては当然だね。

上手か下手かよりも、客を喜ばせようとする姿勢が大事で、

一生懸命サービスしてくれる子は愛しく感じちゃう。

 

話が長いと、「サービスする時間を短くしようとしている」と

勘ぐられる事もあるので気をつけてね。

 

また、フェラの時に手を使うと、「早く終わらせようとしている」と

思う男も多いみたい。最初はなるべく手を使わずに、

時間が無くなってきたら手も使うというのが喜ばれるよ。

 

恥じらいを見せる

俺がもっともお気に入りだった子は、このタイプの人気風俗嬢だった。

 

男は、恥じらいのある女の子に惹かれるもの。

服を脱ぐ時、下着を履く時、足を開く時、感じてる時、

いやらしい言葉を口にする時などなど、

恥ずかしそうな態度を目にするだけで、キュンとしちゃう。

010小サイズ

男が喜ぶ表情や仕草について役立つかもしれない。
⇒男性心理を掴むHテクニック

 

客の顔を覚える

これ、意外と重要!!

人気風俗嬢はお客の顔を覚えるのが得意な子が多い。

客からすると、覚えていてくれるのはすごく嬉しいもの。

 

再会した時に「久しぶりだねぇ」と嬉しそうに言ってくれるだけでも大喜びしちゃう。

「この前話してた○○ってどうなった?」みたいな事を言えば、

お客は自分が特別な存在かと勘違いして舞い上がっちゃうよ。

 

自分を指名してきた客だったら、あまりはっきり覚えていなくても、

覚えているフリをした方が良いよ。

本当に覚えているのか探ってくる嫌な客もいるみたいだけどね。

 

名前で呼ぶ

これもなかなか良い手だよ。お兄さんなんて呼ばれるよりも、

名前で呼ばれる方が、ぐっと親近感が増すから。

 

風俗で名乗るのを拒む客もいるだろうけど、

「名前で呼びたいから教えて」とストレートに聞いちゃおう。

名乗るのが嫌な客は勝手に偽名を使うでしょう。

本名を名乗った客にとっては好感度アップ間違いなし!

 

実際俺もこの方法で、一気にその子と仲良くなり、

また来ようと思ってしまった。

 

 

その逆のパターンで、本名を教えるのも効果的だよ。

源氏名(店で使う名前)では無く、本名で呼ぶことで親近感がアップする。

男は風俗に性的満足を得るために行くんだけど、精神的にも癒されたいんだよねぇ。

初めて会う子と緊張しながらプレーするよりも、

親近感の湧く子にまた会いたいと思うものだよね。

 

自分から名乗るのも不自然なので、客が聞いてきたときのみ使える技だね。

本当の本名で無くても良いよ。ただ、教えた名前を忘れないように!!

 

連絡先を教える

連絡先(メアド)を教えてもらえると男は嬉しいもの。

キャバクラなんかでも、メールで営業活動してる。

メールやり取りすれば、また来る可能性が上がるよ。

 

でもちょっと気をつけた方が良い。

返事が遅かったり、しなかったりすると逆効果になっちゃうから。

それと、休日でもメールが届いて、仕事を思い出しちゃったりする。

 

長く常連客になってほしいような相手にだけ教えると良いと思う。

この辺のさじ加減が、人気風俗嬢の技になってくるんだろうなぁ。

ただし、店によっては、客に連絡先を教えることを禁止してる。

渡したくない相手には「店が禁止してる」とか言えば良い。

 

二人だけの秘密を持つ

これはなかなか難しいかもしれないけど、

人は二人だけの秘密を共有すると一気に親近感が増すもの。

例えば、3で本名を聞かれた時や、風俗に入ったきっかけを聞かれた時などに

「誰にも言って無いんだけど・・」みたいに教えるだけでもOK。

本当に秘密を共有するのではなく、客にそう思わせられれば良い。

 

 

 禁句

男は意外と傷付きやすく、男性器に関することで、

「小さい」「短い」「早い」「皮を被ってる」なんてのは禁句!!

でも、許容できないほど「汚い」「臭い」場合は、

言っちゃった方が良いでしょう。
⇒風俗店に来る客ってどんな人?

036小サイズ

 

他にも人気風俗嬢になるための方法など色々書いてるので、

参考にしてみて!

<関連記事一覧>